学びとカリキュラム


INDEX
 
Learning

健康デザイン学科での学び

4年間のステップ


1年次
食と健康を学ぶための
基礎学力をつける
2年次
栄養士としての知識と
実践力を身につける
3年次
研究室に所属して
専門性を深める
4年次
興味あるテーマで研究を行い
卒業研究としてまとめる

学べる専⾨領域

健康と食
「食行動と食育」「食品開発論」など
健康と美
「香粧品学」「食品・化粧品の薬理学」など
健康と運動
「スポーツ栄養学演習」「スポーツトレーニング論演習」など

学びを通して得られる⼒

  • 栄養士としての専門知識と実践技能
  • 健康や栄養に関する課題発見
  • 課題解決のための論理的思考力
  • 協働する力
Curriculum

カリキュラム

科学的に「健康」を学び、自分の進路に合った専門性を身につける

1年次には、健康を専門的に学ぶための準備として、基礎力を身につける科目を履修します。学年が上がるにつれて高い専門性を確実に身につけ、ステップアップできるように基礎科目を充実させています。2年次からは、主に食事・栄養に関係する専門の講義科目と実験実習科目を履修します。3年次には校外実習を行い、社会人としてのマナーを身につけ、課題を発見したり、専門知識を活かすなど栄養士としての総合的実践力を養います。
また、全学年を通じて科学的に健康を理解するために幅広い知識を身につけるために健康デザイン領域科目が用意されており、興味と将来の目標に沿って履修し専門性を磨きます。4年次には様々な分野から自分の興味ある研究室を選択して卒業研究としてまとめます。
健康デザイン学科カリキュラム
※専門科目以外の教職関連科目を除く。 科目名称等は変更することがあります。

Pickup

15週間ボストンプログラム

4年制大学の栄養士養成校では、資格を得るには4年間の在籍が必要で、留学の期間は休学とみなされ、その分卒業が延期されます。本学はボストンに「分校」があり、いわゆる「留学」ではなく「ボストン校舎での授業」という扱いのため、約半年間の語学留学ができて、4年間で栄養士資格を取得して卒業できます。留学中の授業では時々街へ出掛けることや、様々なものを見学したり、地元の人と交流する機会もあり、ボストンでの学生生活を満喫しています。
健康 ボストン

栄養士+αの資格を取得して社会で求められる人材になる

栄養士の免許取得と同時に、フードスペシャリスト、H A C C P管理者、家庭科や保健体育の教諭などの健康に関する多様な資格も得ることができます。ヒトの健康について多面的に学び、知識の幅を増やすことは、自身の自信にもつながり、可能性を広げます。栄養士として職に就くだけではなく、人々の健康をサポートする立場になったときに、科学的なものの見方を兼ね備えた、話題豊富な社会に求められる人材として活躍できます。
健康 栄養士
Project

プロジェクト型学修

昭和女子大学では答えのない課題に専門知識を生かして解決策を考えるプロジェクト型学修を実施しています。
学科では、授業や演習・ゼミ等の中でプロジェクト型学修を取り入れています。
答えのない課題に
専門知識を生かして
解決策を考える
Project
  • ミャンマーコーヒーを広めよう
  • スポーツイベント
  • H(health)&B(beauty)メニューレシピの提案
Project Report
Graduation Theses

卒業論文

卒業研究のテーマ例

  • 食品成分アピゲニンによる新規骨肉腫治療法の検討
  • 17時間絶食後の再摂食がCHOP経路での細胞死を誘発する可能性について
  • 骨格筋における炎症性疼痛のメカニズムの解明
  • APOE遺伝子多型に着目したアルツハイマー病発症機構の解明
  • 疲労・疲労感・ストレスを区別してL-テアニンの効果を評価する
※2022年度卒業論文より抜粋